特殊RFIDタグ

在庫管理などに便利なRFIDタグ。普通のRFIDは水に弱い、熱に弱いといった要素もあり、利用したい対象物の素材、利用環境を予めチェックする必要があります。 今回は各種デメリットを克服した特殊RFIDタグとその利用例を紹介します。 液体対応タイプ 液体が電波を吸収してしまうため、一般的なRFIDを液体近くに取り付けしても正確な情報が読み取れません。液体の入ったボトルなどに貼り付けてRFIDタグを利用 […]

LEDビジョンを選ぶ際のチェック項目

LEDサイネージは使用用途や設置場所、コンテンツを見せたい対象者とビジョンとの距離などによって、導入に適したLEDサイネージのスペックが変わります。今回はLEDビジョンを選ぶ際に抑えておきたいチェック項目を紹介します。 LEDのピッチ ▲RBGが一緒になったLED素子を表面にハンダ付けしているLEDビジョン表面 LEDビジョンは小さなLEDチップを等間隔に並べ、光らせることで映像を再現します。LE […]

箱型LEDビジョン

ショッピングモールや広場などに設置され、大きいスクリーンとしてのイメージが強いLEDビジョン。 もっと身近に設置できる、箱型のものもあります。   モニュメントやアイコンとしてエリアのちょっとした目印にもできます。 ▼箱型LEDビジョン デモ例1 ▼箱型LEDビジョン デモ例2 ▼中国のモールなどでよく見られるモニュメントタイプ ▼天井のLEDビジョンとリンクさせた箱型LEDビジョンで、 […]

フロア型LEDビジョンの特徴

LEDビジョンは常に四角いディスプレイの形をしているわけではありません。 今回はその名の通り、床に設置して使うフロア型サイネージのメリットをご紹介します。 視認距離が近く与えるインパクトが大きい 例えばモールの壁面にビジョンを設置して、モールへ向かう歩行者に動画でアピールをするというように、通常の大型ビジョンとその鑑賞対象者は、数メートル以上の距離があることが普通です。 ▲通常のLEDビジョンのイ […]

屋外用LEDビジョンの特徴

LEDビジョンには屋外用と屋内用の2種類があります。 設置場所に合わせて、正しい規格のものを選ぶことが重要です。   では、屋外用と屋内用の違いは何でしょうか。 輝度 屋外用の場合、太陽光の元でも映像を再現できる明るさが必要になります。 一般的に、屋内用のLEDの輝度約1200cd/㎡に対し、屋外用では最低でも4000/㎡以上の輝度がある必要があります。 防水性、防塵性 屋外で使用するな […]

ディスプレイとコンテンツの縦横比

ディスプレイとコンテンツの縦横比 動画や画像、画面の縦と横の比率を表した数値をアスペクト比とも呼びます。 液晶ディスプレイは大きく分けてアスペクト比が4:3の「標準サイズ」と16:9の「ワイドサイズ」が多く作成されています。標準サイズはアナログ放送時の画面の比率であり、ワイドサイズは地上波デジタル放送が採用している画面の比率です。そのため、現在の主流は16:9の「ワイドサイズ」になっています。 動 […]

液晶ディスプレイカット

ぴったりな液晶がない? そんな時はギガテックの液晶ディスプレイカットにおまかせ! ギガテックの液晶ディスプレイカット   通常の液晶ディスプレイのアスペクト比と呼ばれるスクリーンの縦と横の長さの対比は16:9。でもその規格以外の形の液晶ディスプレイが欲しいこともありますよね。 ギガテックでは欲しいサイズに近いサイズの液晶ディスプレイをカットして、カスタマイズすることが可能です。 &nbs […]

透明LEDビジョンについて

LEDサイネージの中で、 「LEDモジュールの隙間を開けて配置することで、その透過性を保っているビジョン」を 透明型、透過型、透光型、メッシュ型、シースルー型、ブラインド型ビジョンなど様々な呼び方をしています。 本記事では透明LEDビジョンと呼び名を統一して、その特徴について説明します。   特徴 透明LEDビジョンは基本、ライン型、または格子型のLEDモジュールの間隔、配置によって透過 […]

電子POPの活用例

電子POPとは、液晶ディスプレイへ映像・画像・音声により宣伝を流すことのできる販促ツールの1つです。商品棚や什器に設置できるサイネージを指します。 最近は商品棚やレジ前で、映像を流す電子POPを見ることも増えました。特に、今までは試食販売など直接的なプロモーションを行なっていた空間で、新型コロナウイルスの流行により、非対面、非接触の接客を求められるようになり、電子POPの需要自体が上昇しているとい […]

ギガテックのRFIDシステム

《工場、倉庫、販売業者関係者必見!》 ギガテックのRFID システム開発 HPはこちら→https://giga-technology.co.jp/rfiddev/ DX化、IoT化の流れに乗り、 RFIDを取り扱う在庫管理システムをパッケージ販売している会社もちらほら。 しかしこのパッケージ化、 自社にあったデータがもらえない、現行システムをまるごと新規システムにしないとダメ、など 制約が強くて […]

1 9

人気記事

カテゴリー別最新記事